タイアスト

Tyast

タイアスト

耐摩耗、耐熱にお困りの方、大伸ダイスでは新素材での製作のご提案も致します。

タイアストの特徴

01

硬度が高く靭性がある。

1500(kg/㎟) 11.0(MN/m-3/2)

02

滑りが良い。

 

03

軽い。

比重5.5で超硬の1/3

04

熱に強い。

800℃温度上昇で硬度、曲げ強度は常温とあまり変わらない。

各種材料のビッカース硬度と破壊靭性

ピッカーズ

炭窒化チタン系複合セラミックス(タイアスト)の組織

ロット ミルΦ 配合 混合時間 焼成体比重 収縮率 硬度(Hv) 靭性(K1c) 判定
7322 600 8 50H 5.50 18.0〜19.3 1526 10.62 1480×3H

特性表

特性 タイアスト タイアスト
N-1
タイアスト
N-2
超硬
(D2)
ジルコニア
(ZrO2)
アルミナ
(A1₂O₃)
窒化けい素
(Si3N4)
炭素鋼
(SKD-61)
硬度ビッカース(kg/mm²) 1500 1500 1400 1500 1200 1500 1500 500
曲げ強さ
(kg/mm²)
100 150 220 210 120 38 75 40
破壊靭性
(MN/m-3/2)
10.0 15.0 16.0 8 9 3 5.5 60〜70
最高使用温度
(℃)
800 800 800 1000 1600 1200
耐熱衝撃温度
(△T:℃)
550 550 550 360 220 650
熱伝導率
(cal/cm・sec・℃)
0.011〜0.02 0.011〜0.02 0.011〜0.02 0.2 0.004 0.06 0.07 0.057〜0.072
熱膨張係数
(1/°C) (×10-⁶)
4~7 4~7 4~7 5.7 4 7.7 3.5 10.5〜13.7
比重
(g/cm³)
5.5 5.5 5.5 14.8 5.0 3.8 3.3 7.8
電気抵抗
(Ω・cm)
1×10-5 1×10-5 1×10-5 1×10-5 1×1010 1×1014 1×1010 1×10-5

CONTACT

お問い合わせ

加工のご相談・技術的なご質問・見積り依頼などお気軽にお問い合わせください。